パッチリ二重になりたいなら整形を受けよう【相場費用を確認すべし】

ナース

最短で見た目を変える方法

目

意思疎通が重要

二重の整形は莫大な費用が必要になる事がないため、整形の入門編として高い人気を誇っています。二重の整形には、糸を使って行う埋没法と切開をして二重を作る切開法の2種類があります。どちらにも良い点と悪い点があるので、自分が望むものがどうすればで手に入るのかや、費用面を検討しながら担当医に相談すると良いでしょう。まず、初めての整形でも抵抗感が少なく人気の高い埋没法の特徴は、まぶたに糸を通して周辺の筋肉と繋ぎ、皮膚を引っ張るという非常にシンプルな施術のため施術時間が短くて済む事です。また、傷口が小さく、手術後の痛みや腫れも最小限に抑えられるので、回復するまでの時間が早いという利点もあります。クリニックによって多少は異なりますが、埋没法に掛かる費用は10万円前後と美容整形の世界では比較的リーズナブルと言えるでしょう。しかし、埋没法での二重整形にはデメリットも当然ながら存在します。埋没法は糸で皮膚を繋げるという性質から、時間が経つにつれて少しずつ糸が緩んで来てしまう事があります。特に、埋没法のポピュラーな手法である2点止めと呼ばれる方法では、約5年ほどで糸が緩くなる可能性が高まるとされています。糸が緩んでしまうと、左右のバランスが違って見えたり、目を開閉する時に若干の違和感を感じたりする事があるようです。この状態であっても健康的には何ら影響はしないのですが、そのまま放置して置くのも現実問題として難しいでしょうから、クリニックで対処してもらう必要が出て来ます。一方、切開法の特徴は、糸を使った埋没法よりも丈夫で崩れ難い二重を作れる事です。切開法は、埋没法で作った二重が崩れてしまった人や、二重の形成が糸では難しいと判断された人に勧められる施術です。切開法で発生する費用は30万円前後と、美容整形としては高くも安くもない値段設定と言えます。切開法のデメリットは、手術後の腫れや出血が起こる可能性が高いという点です。基本的には2週間もすれば腫れは治りますが、完全に元の状態に戻るまでには至らず、少なくとも3ヶ月くらいは目元の腫れが続くと考えた方が良いです。そのため、ダウンタイムと呼ばれる回復期間が埋没法よりも長くなってしまいます。最後に二重整形を受ける際の注意点として、自身が持っている完成のイメージと実際の出来栄えに差異が生じる可能性が否定できません。これを防ぐ最善の策は、担当医師と緊密にコミュニケーションを図り、イメージの共有化を徹底して行う事です。