パッチリ二重になりたいなら整形を受けよう【相場費用を確認すべし】

ナース

コスパが大きく違います

頬を触る人

予算と相談した施術

美容整形で最も頻繁に利用される医療メスの切開は、切開場所の数によって費用に違いがでてきます。切開数で費用と同時に施術結果も大きく変わる施術として、二重整形施術が有名で現代では切開場所も希望する二重に合わせて決められます。切開場所を1回で抑えるならば、片目だけで15万円程で両目だと25万円から30万円の費用が掛かります。これにもう一か所切開場所を増やし、より印象のある二重にするならばそれぞれ10万円前後費用が追加されるので、参考にしてください。さらに脂肪除去をして二重の輪郭を整える場合は、より大きな切開になるため5万円程の追加費用が必要です。反対に施術結果よりもある程度費用を抑えたい方は、埋没法の受診を医師に相談してみましょう。埋没法はメスを使わない方法なのでダウンタイムがほとんど存在せず、医療用の糸で固定するためデザイン性を追求する事に優れています。綿密な打ち合わせを必要とするため、施術結果をCGで見せてもらえる事も多いので、目の輪郭に希望のある方は確認しておきましょう。さらにメスを使用しないので、二重整形の中でも数少ない10万円以内の費用で済む所も施術希望数を増やす要因になっています。受診する機関によっては糸で固定する場所に違いがあり、それぞれ費用に微妙な違いがあるので、自分の希望する二重にできる機関を探しましょう。ただし半永久的な二重効果を期待する方は、目蓋の全切開を検討する施術を受診する必要があります。この切開法のメリットは他の二重整形と比較して、二重にできる可能性のある施術を比較的安価に受けられる点です。これには目蓋の脂肪吸引や皮膚のたるみの縫い合わせも含まれ、片目だけならば20万円以下で綺麗な仕上がりを期待できます。術後は3か月程のダウンタイムを設け徐々に理想のラインになるので、大規模な施術ではありますが体への負荷も極端に軽減できるメリットがあります。入院の必要はありませんが、術後5日と14日に来院しそれぞれ抜糸と経過観察を行う必要があり、抜糸費用として追加で2万円前後掛かります。加えて施術受診後の当日は入浴ができませんが、翌日からシャワーが浴びられるので、術後5日に行う抜糸時に入浴の可不可を医師に聞いてみましょう。腫れが引かない時には医師の判断で再施術と、軟膏を処方してもらえるので、それぞれ追加費用の可能性も含めて対応を決定していきましょう。受診機関によっては再施術を無料で行う機関もあるため、予算や施術結果に不安が残る方は該当の機関に相談を持ち掛けてみましょう。