パッチリ二重になりたいなら整形を受けよう【相場費用を確認すべし】

ナース

埋没法の流れ

目元に触れる人

手術の流れや注意点

埋没法は切開しないでまぶたに二重のひだを作るプチ整形です。メスを使う切開法と比較するとリスクが少なく費用がリーズナブルなこともあって、気軽にできるプチ整形と多くのクリニックで謳っています。確かに埋没法は整形手術の中では簡単な部類に入ります。切らないのでまぶたに傷跡が残らず、ナチュラルな二重まぶたになります。ただし、埋没法も美容整形であることには変わらず、多少なりともリスクはつきものです。これから埋没法をしようかどうか迷っているなら、埋没法の手術の流れをある程度知っておくと参考になります。どんな美容整形でもそうですが、手術をする前にカウンセリングを行います。埋没法の場合はどういうデザインにするか、執刀医と話し合って決めることになります。なお、まぶたの脂肪が多い場合は、埋没法の他に脂肪を除去する処置を勧められることがあります。とにかくまぶたにメスを入れたくないなら、何件かクリニックを回ってカウンセリングを受けるのがお勧めです。手術をすると決めたら、手術同意書にサインや押印をします。手術費用は手術をする前に一括で支払うのが普通です。埋没法なら5万円〜10万円が手術費用の相場です。手術費用にカウンセリング料や薬代が含まれているか確認しておくことが大切です。手術前に二重のデザインを最終確認し、まぶたにマーキングをします。手術は糸を埋め込む方法で行われます。まぶたの表側と裏側に麻酔をかけておくので、手術をしている間は痛みはないです。ただ、まぶたを引っ張られるような感覚はあります。手術は両目を合わせると20分ほどで終わります。埋没法は切らない手術ですが、それでも手術後はまぶたが腫れます。腫れを隠すためにサングラスを持参して行くことをお勧めします。手術から3日くらいはコンタクトレンズの装着は禁止です。また、アイメイクも避けたほうがいいです。とにかく目元を触らないように注意することです。クレンジングでこすったりすると腫れがひどくなったり、糸が切れて元に戻ったりすることがあるので要注意です。アイメイクをしても大丈夫なように、刺激が少ないクレンジングを用意してくれるクリニックもあります。手術から1ヵ月はデザインで決めたよりも二重の幅が広い状態になりますが、だんたん落ち着いてきます。二重まぶたがデザイン通りに完全するのは1ヵ月以上経過してからです。完全に完成したあとも、できる限りまぶたを強くこすらないように注意をして過ごす必要があります。